約千年の歴史を持つ天明鋳物

 

天明鋳物(てんみょういもの)の起源は平安時代

室町時代から江戸時代初期に最盛期を迎えました

 

特に茶の湯釜は

「西の芦屋に東の天明」

と言われ、千利休・豊臣秀吉・徳川家康など

名立たる偉人達が愛した、佐野市が誇る名品です

 

天明鋳物の繊細な感性・技術・情熱をお届けしていきます

 

 


佐野の芸術を皆様のもとへ、天明鋳物をレンタルすることが可能になります

 

天明鋳物を感じていただき千年続く歴史「浪漫」を感じていただくというミッションの元、このサービス名が誕生しました。

皆様にお届けするサービス「天明浪漫」は単なる商品提供に留まらず、栃木県佐野市の伝統文化とその奥深さを感じていただくための架け橋となることを目指し伝統を重んじつつも、現代のライフスタイルに調和する新しい提案を続けてまいります。

お客様一人ひとりに、天明鋳物の魅力を直接手に取って感じていただける機会を提供し、千年続く佐野市の伝統技術の素晴らしさを未来へと繋げていきます。 

古き良きものを大切にしながらも、革新と創造を忘れず、皆様に感動と喜びを提供できるよう努めてまいります。

どうぞ天明浪漫とともに、心温まるひとときをお過ごしください。

そして、その温もりが皆様の日常にさらなる彩りを添えることを願っております。

 

※本サービスは8月1日から利用可能となります

[天明浪漫]サイト

 

 

天明鋳物チャンネルが始動開始しました


テレビ東京「世界!ニッポン行きたい人応援団▼“抹茶”愛すドイツ人をご招待!!」

7月8日(月) 20時00分~21時54分 
テレビ東京「世界!ニッポン行きたい人応援団▼“抹茶”愛すドイツ人をご招待!!」
天明釜が登場します。
是非ご覧ください。
天明鋳物
天明釜
世界!ニッポン行きたい人応援団

まちの学校 天明鋳物体験講座~錫のお香立て~

6月1日・2日に、佐野商工会議所1階「まちなかサロン」にて、『天明鋳物体験講座~錫のお香立て~』が開催されました。

講師は天明鋳物師である江田蕙さんと江田委織さん。

鋳物師の指導とアドバイスのもと、鋳型制作から鋳造、仕上げまでを体験できる講座となっており、幅広い年齢層の参加者が、思い思いの作品づくりを楽しんでいました。

 

 

今回の講座では、人の手で曲げられるほど柔らかい金属である「錫」を使って、金属を削ったり曲げたり磨いたりしながら、オリジナルのお香立てを制作しました。

鋳造の工程に入り、講師が参加者の目の前で金属を溶かして参加者が制作した鋳型に注いでいくと、参加者からは感嘆の声が。固まった金属を型から取り出すと、今度は歓声が上がりました。

希望者には鋳造体験も行っており、参加者は、慣れない工程ながら楽しく作業していました。

 

 

 

講座の最後には、参加者が制作したお香立てを並べて写真撮影。それぞれの発想が形となった、様々な形のお香立てが並びました。


祝!! 「佐野の天明鋳物生産用具及び製品」が国重要有形民俗文化財指定へ
 
佐野市では、長年、「天命鋳物伝承保存会」と協力して天明鋳物生産用具等の国重要有形文化財指定に取り組んできました。そして、令和6年1月19日に文化審議会から新たに国重要有形民俗文化財に指定するよう、文部科学大臣に答申されました。
今年度内には、国重要有形民族文化財に指定される予定です。


▶特集ページ


▶ 関連リンク

栃木県佐野市役所HPバナー
天明鋳物 栗崎鋳工所バナー
天明鋳物師 江田 蕙 ホームページ